活動の報告

「第4期 岐阜県食育推進基本計画」への意見を提出しました。【24.1.19】

岐阜県では、豊かな人間性を育み、生きる力を身に付けていくためには、何より「食」が重要であり生きる上での基本であるとの考え方に基づき、岐阜県食育基本条例(2005年制定)を基に、およそ5年毎の「食育推進基本計画」を策定しています。

この度、2024年度から始まる「第4期 岐阜県職員推進基本計画(素案)」が作成され、県民への意見募集がありました。
岐阜県生協連は、この計画を検討する「岐阜県食育推進会議」にも委員参加して素案づくりに参加してきました。本日1月19日、岐阜県に意見を提出しました。主たる内容は、県民への啓発事業の充実と、生産者と消費者の交流促進に関する期待を発信しました。

新型コロナの影響で消費者の生活様式も変化していますし、生産者の従前からの課題がより顕在化していると感じます。この第4期計画にも、組合員のくらしの願いに応えられるよう参加していきたいと思います。